陰茎増大術のメリットとデメリット

増大手術

 

陰茎を大きくする方法には色々ありますが、その中の一つである、陰茎増大手術について、メリットとデメリットをまとめました。

 

「陰茎増大術のメリット」
・陰茎を確実に大きくすることができる
陰茎増大手術には、大きく分けると、陰茎が体の中に埋もれている部分を引き出す方法と長茎術と、注射剤を亀頭に注入する亀頭増大術と2種類あります。
どちらの方法でも確実に陰茎を大きくすることができます。
長茎術では、体の中に埋もれている分だけ、亀頭増大術では亀頭一回り分は大きくすることが可能です。

 

「陰茎増大術のデメリット」
・効果が一時的
陰茎増大術の最大のメリットは確実に大きくなるということでしたが、その効果は残念ながら永久に保証されるわけではありません。
まず、高額な陰茎増大術の中でも、価格が10万円前後と比較的安くて人気の亀頭増大術について考えてみましょう。
亀頭増大術で使用する注入剤には色々な種類があって、安価なヒアルロン酸から高価なバイオアルカミドなどがあります。
ヒアルロン酸についてはもともと体内にある成分なので、体が拒否反応を起こすことがないので安全ですが、体に吸収されてしまうので、その効果は半年から1年しか持続しません。
バイオアルカミドはもともと体内にない成分なので、体に吸収されることはなく、効果は半永久的と言われています。
EUの安全基準を満たしているので、安全性も保証されています。
価格が高く、12万円くらいしてしまうのがデメリットでしょう。
また、安全性が保証されているからといって、体が異物としてとらえて拒否反応を起こし、炎症を起こす可能性は十分考えられます。
長茎術については、術後太ったりすると、陰茎がまた体の中に埋もれてしまう場合があるそうです。

 

・傷跡が残る
長茎術のデメリットとしては、傷痕が残るということがあります。
長茎術は担当するドクターの技術で仕上がりに差がつくと言われています。
経験豊富なドクターであれば、傷も目立たないように切ってくれるでしょう。
しかし、手術痕には陰毛が一部生えなくなる場合はよくあるそうです。

 

・値段が高い
亀頭増大術の相場は8万円〜12万円、長茎術の相場は30万円〜50万円です。
この金額を高いととるか、安いととるかはその人次第ですが。

 

以上陰茎増大術のメリットデメリットでした。
個人的には、亀頭だけでなく、陰茎全体を大きくしたいので、やるなら長茎術ですが、値段が高いという感想です。